2010年04月21日

言語聴覚療法からみた認知症〜認知症などを伴ったコミュニケーション能力の低下した方への取り組み

以下は、2010年4月17日に行った認知症講演会での、講演内容です。一部スライドがないとわからない部分だけ画像を取り入れています。

1、導入
 みなさん、こんにちは。私は当院のリハビリテーション科で言語聴覚士をしております。今回、「言語聴覚療法からみた認知症」ということでお話させていただくことになりました。私は言語聴覚士という仕事をしている割には話すことはあまり得意ではありません。しかも、このように大勢の方たちの前でお話させていただくのは初めてで、かなり緊張しています。本当に、これほどのたくさんの方たちがこの部屋に一堂に会しているのを見るのは初めてです。手狭な中、つたない話を聞いていただくのは少々心苦しいところですが、どうぞよろしくお願いいたします。
今日こちらにいらしているみなさんは、ケアマネジャーさんやヘルパーさん、近隣の地域の方たちかと思いますが…。みなさんにおうかがいします。“言語聴覚士”という資格名を聞いたことがありますか?
「リハビリ」と聞いてイメージするのは歩く練習をしたり動かなくなった手や足を動かしたりするものかと思いますが、言葉のリハビリ、コミュニケーション能力を取り戻していくリハビリもあるのです。始めに少し言語聴覚士についてお話させていただきます。

 言語聴覚士とは ※言語聴覚士協会HPより引用
  私たちはことばによってお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有して生活しています。ことばによるコミュニケーションには、言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的なサービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。
 ことばによるコミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐にわたり小児から高齢者まで幅広く現れます。言語聴覚士はこのような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行います。このような活動は医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などと連携し、チームの一員として行います。
 言語聴覚士は医療機関、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活動し、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえに問題をもつ方とご家族を支援します。


 私は主に、脳卒中後のコミュニケーション能力の低下、摂食・嚥下面に問題のある方に対してリハビリを行っております。
本日は認知症の方のコミュニケーション能力低下への取り組みについてお話をさせていただきます。

2、認知症とは
 まず、少々教科書的な話になりますが認知症についてのお話を簡単にさせていただきます。
 誰でも年をとると頭の働きは若い頃とは違ってきます。みなさんの脳は自然な老化をしていき、話そうとしたことを度忘れしてしまって「あのー」「えーと」「あれさ、ほら…」という言葉が会話の中で多くなり、若い頃であれば一度聞けばパッと覚えられたことが覚えるのに時間がかかります。これはいわゆる「年のせい」ですね。
 一方、認知症とは脳に病気が起こって神経細胞の異常により脳神経のはたらきがうまくいかなくなる状態です。そのために「年のせい」とはちがう、度忘れではすまない、あとになって体験したことをまったく思い出すことができなくなったり、通常であればあり得ない判断力の低下を起こします。無意識にできていたはずのちょっとした日常生活の動作が難しくなります。たとえば、買い物に出たときのお金の計算などです。また、見当識障害といって日時や場所が曖昧になったり、わからなくなります。症状が進行すると人物や道順に関する見当識障害が出現し、家族の顔を見ても家族と認識できなくなることや、通いなれた道でも迷子になったり、ある程度の期間を過ごしている病院や施設の中で自分の居場所がわからずうろうろと歩き回り自分の部屋以外の所に入る場合があります。
 認知症は記憶する力、思い出す力、現在の日時・場所、周囲の人や状況を判断する力、思考をめぐらす力、今まで生活した中で得られた知識と結びつけ様々な判断や行動をしていく一連の知的な働きが次第に難しくなり自立した生活ができなくなっていく過程をたどります。みなさんにはあまり馴染みのない言葉ですが、これを「認知機能の低下」といいます。

 認知症の方はこの認知機能の低下だけではなく、意欲の低下、感情的な変化や精神症状としての言動が起きやすくなります。家庭でも病院・施設でも介護する側が悩まされる部分です。

3、事例
【症例1】80歳代女性、脳梗塞と脱水症の診断で入院されました。入院当初は無表情で、こちらが声をかけても反応がなかったり、時に反応があっても強い口調で「何さ!」と言う程度でした。暴言が出ることもありコミュニケーションをとるのは難しい状態の方でした。
スライドを提示します。
スライド1.GIFスライド2.GIFスライド3.GIF

 リハビリを行う中で一番念頭に置いたことは、表情の変化⇒感情の変化を出すことでした。人間の感情は「喜怒哀楽」という言葉で表現されます。この方の場合、「喜怒哀楽」の中の「怒」の部分しか表に表せなくなっていました。おそらく「哀」の部分もあったのでしょうが悲しみもこちらから受け取れるのは「怒り」で、「喜び」「楽しみ」の感情はほとんどみられなかったように思います。表情の硬い方は、自分自身の思いをうまく表すことができない場合が多いので少しでもご本人が思っていること、感じていることをスムーズに相手に伝えられるようになってもらいたいと思いました。時間を共有すること、コミュニケーションがとれるよう、働きかけをしていこうと考えました。
 点滴、薬などの医学的な治療、病棟スタッフの関わり、理学療法・作業療法のリハビリテーション、頻繁にお見舞いに来てくださっていたご家族のお力などにより、少しずつの変化ではありますがコミュニケーション面は良い方向へ進むことができたと思います。続きを読む
posted by 99 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症

2010年04月17日

第7回認知症講演会講演内容全文 あなたはどうしていますか?―介護達成感と満足度―

介護保険制度が始まってから10年目になります。
このことは、グループホームが認知症対応型一色になって10年目になったことを意味します。
ということは、私自身が認知症の患者さまを診させていただいて、すでに10年以上の歳月が過ぎたということだと改めて驚かされました。
そんな経緯もあってか、私はこの1年の間に認知症キャラバンメイトと認知症サポーターの養成講座の講師をそれぞれ務めさせていただきました。
100名以上の参加者の前で講義をするという機会を与えられましたことは、私にとっても大変貴重な経験でした。マイクの使い方や発音が悪くて隅々まで声が届かなかったとか、スピーチの下手さゆえにわざわざ眠るために来たような時間にしてしまったとか…。
それよりも何よりも、認知症に関心を持っておられる方や身近に認知症の方に接した経験をお持ちの方がこんなにたくさんいらっしゃるのだということに感銘を受けました。
この数年間、認知症のお話をするたびに必ず質問されることがあります。「何々のような状態のときはどのようにするのが良いのでしょうか?」というような具体的な質問です。
日常の外来診療の場面でも常に見られる光景です。もちろん、足らない知識とない知恵を絞って誠心誠意お答えしていますが、10年間もこんなことを繰り返していていいのだろうかと最近思い始めました。

今日の講演会を企画した当初の目的は、日頃介護に携わる介護職員の方たちや、認知症の方を介護されているご家族のお役にたてるような、具体的なケアの方法を集めてご紹介しようというものでした。

たとえばこれは道庁の担当課からいただいた質問です:

「認知症だと認めない本人を診察に連れていくのに何か良い方法はありますか?」という質問です。
こんなやり方はどうでしょうか?
@ ご本人の誕生日や、結婚記念日やお子さんやお孫さんの誕生日など、何か記念日に託けて、「もっと元気で長生きしてほしいから、健康診断を受けてください」と勧める。
物忘れが進んでいるなら、記念日が近いといってもあまり区別がつかないかもしれません。ひとりで行けと言わずに、私も一緒についていきますから、と言って不安を少しでも取り除いてあげるようにしたら良いでしょう。
A もういつ死んでもいいから健康診断なんか必要ないというお年寄りには、「孫の結婚式には出てあげて」とか「ひ孫の顔を見てほしいし、名前を付けてほしいから」と言ってみるのはどうでしょうか?
B それでもだめなら・・・どなたかアイデアを分けてください。

どんな方法でも、受診当日になるとたいてい、「そんなことは言ってない」と始まります。ここをうまくクリアするには、一番気を許す人の登場が不可欠です。要は理屈ではなく、その場のムードです。
一度受診していただけたらあとは何とかなりそうです。頭のMRI検査などをして、少し物忘れしませんか?と尋ねるとたいていの方は、「年だからそれはありますねえ」と答えられます。後は、少しずつ、刺激しないように、検査を続け、薬を飲んでみましょうと進めていきます。一度に結果を突き付けないようにしています。

このことは、「認知症の初期に認知症だとご家族が本人に告知してもよいか」との質問に対する私の答えでもあります。
どんなに楽天的な性格の持ち主でも、「認知症」という言葉には敏感に反応するものです。若年性認知症というのでなければ、いきなり「認知症」と言われるのはどうかと思います。なぜなら、「物忘れ」それ自体は単なる加齢現象でもあるわけで、ご本人も「年だから物忘れするようになった」と自分に言い聞かせているのですから。
このばあいは、やはり「年をとったから多少物忘れはあるでしょうけど、心配になってきたのなら、一度検査してもらいましょうか」とか、「症状のない脳梗塞というのがあると聞くから一度診てもらいましょう」などと、早期発見早期治療も物忘れ対策としてあるということや認知症の検査ではなく脳梗塞予防のための検査を受けに行くと説明するのが良いのではないでしょうか?
また、可能なら認知症プラスの治療をしてもらうと便利です。たとえば、認知症プラス高血圧とか、認知症プラス脳梗塞とか、病院に通う理由が認知症の治療ではなく別の治療が必要だから行かなければならないというふうに動機づけできるとご家族も連れて行きやすいのではないでしょうか?

「デイサービスを毎回拒否するのですが…」という質問ですが、
まず、電話で送迎を断らないことです。多くのご家族が「今日は行かないと言ってるのでお休みします」と電話をかけてこられます。さすがに、電話で断られると「いいえ迎えに行きます」とは言えません。でも、餅は餅屋です。迎えに行って上手におしゃべりができる介護スタッフなら、きっと車に乗せてしまうでしょう。それも笑顔で「行ってきます」と言わせて。認知症の方はとにかく何もしたくなくなるものです。ああしようこうしようと考えるのも面倒、もちろん行動を起こすのも面倒なのです。ですが、一緒にしましょうということにはちょっと心が動きます。そこに、悪い言い方をすれば、そこにうまくつけ込めれば「誰々さんがあなたが来るのを待ってますよ」とか「この間の歌、今日も聴かせてください」などとうまく乗せるのは介護スタッフのほうが上手です。続きを読む
posted by 99 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症

2010年04月15日

第6回認知症講演会全文(もしもあなたが認知症になったら)

これは、2009年9月25日に行われた認知症講演会の全文です。女性編を創るか迷っているうちに掲載を忘れてしまいました。特に女性編を作る必要はないだろうと、今は思います。



もしも、あなたが認知症になったら・・・
認知症のあなたはどんなあなたに変わっていくのでしょうか。
そして、それをあなたは止めることができるのでしょうか?


ここに70歳になったばかりの架空の男性に登場していただきます。
なぜ70歳の男性にしたかというと、男性の平均寿命は現在78.5歳だからです。
現在70歳以上の高齢者の10人に1人は認知症といわれています。厚生労働省は今年から認知症の実態調査を行う予定ですので、もっと大きな数字になるでしょう。
ここに登場する男性もまだ認知症とは程遠いと思われる、元気はつらつとした高齢者の一人です。
何十年振りかで再会したクラス会の出席者たちを見ても、足腰が少し衰えた者、メタボで病院通いしている者など、何がしかの医療のお世話にはなっているものの、皆一見幸せそうで、自分だけ特別な存在だというわけではありません。
もちろん、クラス会に出られなくなった、入院中の者やすでに他界してしまった者たちの話も決して少なくはないお年頃ですが。続きを読む
posted by 99 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症